TSS SLIPPER CLUTCH UNIT

素材について

「Ti-6Al-4V」・・・チタンにもいろいろな種類がありますが、有名なのがこの合金です。
いわゆる「軽い・強い」というチタンの代表的存在であり、国内流通量の多い純チタンと混同されることが多いようです。
新型航空機「エアバスA360」の翼には1000本のTi-6Al-4V合金ボルトが使われている現状を考えると強度、疲労特性、費用、効果、
あらゆる面でTi-6Al-4Vがいかに優れた合金であるかが理解できます。

卓越した技術、その確かな実績

当社は、Ti-6Al-4V合金丸棒を熱間鍛造することで金属組織を微細化することに成功した製品を発売しています。
鍛造ボルトといえば大量生産型の冷間鍛造のイメージが付きまといますが、熱間鍛造製品とはひとつ・ひとつが匠の技。
また、カタナ鍛冶のイメージに近い製造方法によって作られた製品は、ヨシムラ、ジャパンレース車輛、日野レーシングカミオン等、
数多くのモータースポーツで認められています。
耐久性に関しては2006年2月現在、弊社にて製作した自動車のホイルナットはパリ・ダカールラリーに出場している「HINO RANGER」に取り付け、5年間の使用に耐えている事からもご想像頂けると思います。