光のプロフェッショナルSOLAM



すべての光に対してプロフェッショナルであり続け新しい光を創出するチャレンジャーであることがSOLAMの姿勢です。
日本国内メーカーであるSOLAM(ソーラム)社は、ISO9001を取得しています。
従来は耐震性の問題もあり四輪でしか実装が難しかったHIDですが、
バイク専用設計で振動にも強いHIDをSOLAM(ソーラム)社が実現しました。


SOLAMの考える光とは・・・



光とは目に見えるものだけではありません。

例えば、太陽光線を考えた場合、240nm(ナノメーター)から1800nmという波長の光が混在しています。その中で、人の視覚に捉える事のできる光(可視光線)は400nmから800nmです。
380nm以下の波長の短い光は紫外線、780nm以上の波長の長い光は赤外線となります。 可視光線の範囲だけでなく、すべての光に対してプロフェッショナルであり続けることがSOLAMの姿勢です。


光には様々な要素が含まれています。


求めるのは上質な光・・・


明るさ・・・
絶対的な明るさはH.I.D.の第一条件です。クラスNo.1の明るさを実現します。


色・・・・・
使用する状況により最適な発光色も変わります。
様々な状況に対応する最適な色の開発を行っています。


精度・・・・
バルブの精度により光の配光性が変わります。
制度を極限まで高めよりフォーカスの優れたバルブを生産しています。


演色性・・・
従来のヘッドライト用のバルブでは明るさを重視し製品の一元化が進んできました。ソーラムでは演色効果にも目をむけ「目に優しい光」「目の覚める光」「安心できる光」等と言う光でも実現できるよう研究開発を行っています。


プラスアルファの追求


従来は、明るさと耐久性のみを求めた製品が多く照明としての大きな特徴である演出効果を失ってしまっています。明るくて人の目に優しい照明、リラックスした運転ができる照明、夜の空間が美しく見える照明など様々な声を聞いています。オートバイのヘッドライト用の照明として照明の一元化をせずにユーザーニーズに応える姿勢を貫きます。

技術の追求に完成はなく、常に次のステップを求め研究開発を行っています。
常にユーザーニーズを感じ、新しいニーズにクイックに応える活動を行っています。

















 width=


 width=


 width=